<< 160512 | main | 生きること >>
2016.07.24 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.06.07 Tuesday

旅立ち

ミケさん旅立ちました。昨日まで元気で今日になってあっと言う間のことでした。仕事してたら小屋の方でガサガサ音がして、行ってみたらミケがのたうちまわっていました。ヤバいと思ってすぐに取り出して手であたためて名前を呼んだのですが、何を勘違いしたのか向こうの世界に行ってしまったようです。まったく、なあ。急ぐなよ。

飼い始めたのは忘れもしない8年前の6/23。カミサンと籍を入れたその日に何故かそのカミサンが文鳥買いに行こうと言い出し、大型スーパーのペットショップに行ったものでした。行ってみると売れ残った感じのようなヒナが2羽。飼うのは1羽のつもりだったんですが、1羽だけ置いていくのはかわいそうだと2羽とも買ったものでした。黒い方はチー(ダビンチー)白い方はミケ(ミケランジェロ)と名付けかわいがったものでしたが、ブログにもすでに書いたようにチーの方は先に他界しました。

ミケ一羽が残された訳ですが、何故か急に人になつくようになり、名前を呼ぶと返事までするようになったものです。しばらく元気にしてましたが、今年になってちょっと体力が衰えはしたかなと思っていたものでした。のんきに元気にしてくれているものと信じていたのですがこの結果です。ペットロス、と言われるまでのものはないように思っているのですが、呼べば鳴いてくれるその存在がいなくなって、事務所につまらない静寂がやってきてくれたものでした。

一羽の文鳥としてはどういうものだったかな。少しながら死ぬということを考えました。ミケは死んだけどこの世界は残っています。自分が死んだらこの世界は残ってるのかな。どうなんだろう。残っているのだとしたら、戻ってくることなんてあるのだろうか。

市内の火葬場に、近いうちに持っていこうと思っています。大好きなゴマとキューリととうもろこしと豆苗とお米、入れてあげよう。どういう8年だったかなあ。よく遊んであげたつもりだったけど、そんなのは何も関係ない事かもしれないし。籠の鳥でしかなかった訳だし。

いまごろチーと、楽しくしてるかな。静かに静かに眠っています。呼んでも鳴いてくれないけど、もう動いてもくれないけど。ありがとね。

ご主人こと竹中アシュ







 
2016.07.24 Sunday

スポンサーサイト

コメント
ミケさん…そうですか…
きっとチーさんとちょこちょこ歩き回って遊んでいることでしょう。
うちのチー達も出会えてたらいいな…。

アシュさんちの文鳥生活のいきさつ、なんと我が家とそっくりで驚きでした。
私も突然文鳥を飼いたいと言いだし、そしてピーと2人で向かったペットショップにはまさに売れ残った感じの白と桜。
なんだか仲を裂くことが出来ず結局2羽我が家に迎え入れたのでした。
  • ミカッペ
  • 2016.06.10 Friday 23:48
今では5代目を迎えてしまいました。1羽になるとどうも寂しそうで、それは人間の思い込みなのかもしれないけれど、明らかに甘えん坊になり、よく鳴くようになり…。

ブログは何故かうまく更新ができなくなったので、先日からインスタを始めてみました!よければ覗いてみてください。mikappechitta なんですが…ちょっと仕組みが分からず…
  • ミカッペ
  • 2016.06.11 Saturday 00:06
ミカッペさんありがとうございます。文鳥って突然飼いたくなるものなんですね。そしてきっと売れ残りには福があるんでしょう♪まあなんのかんので8年おつきあいさせていただいた訳で、ありがたく思ってます。2羽とも、どちらかといえば突然亡くなってしまった訳ですが、死ぬ直前まで現役で生きてるのってすごいなあと今さらながらに思ってます。私もできることならそんな生き様をまねしてみたい。

インスタは、ウチにスマホがないので見るのがむつかしいかも〜、と思ったんですが見ることはできました♪
  • 竹中アシュ
  • 2016.06.11 Saturday 17:10
コメントする








 
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM