<< 生きること | main |
2016.07.24 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.07.24 Sunday

160724

ミケ出してもいい?3歳になるムスメがそんな事を言います。とっくにミケはいなくなって、鳥かごもそこにはない訳なんですが。生前、ゴハンの後に籠から出してやるのは娘の日課になってました。その時の事を思い出してるのかな。出したよーと言って、手に乗っているような仕草をします。そっか、ミケはまだ生きてるんだな。姿は見えなくなってしまったけど、まだちゃんと彼女には見えているようです。

2016.07.24 Sunday

スポンサーサイト

コメント
アシュさんこんばんは!なんだかミケさんの姿がみたくてブログを
拝見したら更新されていました・・・涙がでちゃいました。
歳をとると涙もろくなっていかんですね・・・我が家も気付けば代替わりして
新しいブンチョさんもきました。それでも未だに先代を恋しく思ったりします。
ブンチョ5羽みんなそれぞれ性格が違っていて、どの子も愛おしい家族です。
遡れば幼い頃に買っていたブンチョのことも鮮明に覚えています。
私の胸にしっかりと生きています。おじょうさんもきっといつまでもミケさんのことは
忘れないことでしょう・・・!
  • ミカッペ
  • 2016.07.31 Sunday 22:05
ミカッペさんこんにちは。
コメントありがとうございました。
たまたまネタがあったので書いてみました。
ただ、ウチには今、ブンチョも鳥もいないので
続けていくのはむつかしいだろうなあ〜。

死んだ、ということがまだよくわかってないのかもしれません。
ただ、日常の行動はしっかりと記憶に残るもののようですね。
彼女にとっては文鳥ごっこ、あるいはミケごっこみたいな
遊びの一環なのかもしれません。
何とも言えず、ただその仕草や行動に
つきあってあげています。
  • 竹中アシュ
  • 2016.08.01 Monday 10:47
コメントする








 
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
PR
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM